OVERVIEW RUN伴+の概要

RUN伴+(プラス)は、RUN伴の姉妹イベントです。理念はまったく一緒、違いは主催団体が違うという1点。

RUN伴は、NPO法人認知症フレンドシップクラブと、各都道府県の実行委員会によって、共通のルールによって運営されている全国イベントです。

RUN伴+(プラス)は、認知症の人と一緒にタスキをつなぐ体験という意味ではまったく同じ内容ですが、それぞれの地域の自主的なグループや団体によって運営されていて、地域独自の運営方針(日程、予算、参加費など)で運営されています。

RUN伴とRUN伴+は、認知症の人と一緒にタスキリレーをすることを通じて、日本全国のまちを、オレンジ色に染めていくことを目指しています。

FOR ORGANIZER 開催を検討されている方へ

RUN伴+は、一定の条件を満たした地域独自のグループによって、自由に企画・開催することができます。ただし、RUN伴とRUN伴+は、一緒に全国のまちをオレンジ色に染めようという目標を達成するために、ゆるやかな横のつながりが必要と考えています。

開催を検討されている方は、開催計画が具体化する前の段階で、RUN伴問い合わせフォームよりご連絡ください。開催希望地域向けの説明会を開催しています。詳細は、お問い合わせください。