いまや全国各地で開催され、活動の輪を広げているRUN伴。
「我がとこのRUN伴は!」と自信をもって伝えられるコトやモノ、ヒトがたくさんあるはず。

オレンジ色のTシャツをより鮮やかにする、地域の風土や人の歴史などの物語に光を当てます。 写真家、イラストレーター、編集者、デザイナー、ディレクターなどのクリエイターが集まり、それぞれの地域に根付く物語をつむいでいくのが、RUN伴Storiesです。

クリエイターたちがRUN伴を体感!

まずは、お邪魔するクリエイターたちがその地域のRUN伴メンバーになるところから。コースを一緒に走ったり、休憩ポイントでお手伝いをしたり、飲み会で大騒ぎしたり(?)

写真家やイラストレーターをはじめとする、様々なクリエイターたちがRUN伴を体感することで、RUN伴メンバーとの仲間意識を一気に高めます。

RUN伴参加者へのインタビュー

地域住民、認知症の人や家族、医療福祉関係者……肩書を全部とっぱらって、「わたし」のお話を聞く。わたしがここでどう暮らし、何を感じて生きてきたか。

このインタビューでは、その人にとっての宝物と一緒に、物語を紐解いていきます。

RUN伴実行委員・協力事業所とのWS

地域の風土・歴史と、医療福祉の仕事は密接に関わっている。この地に働く人として、アイデンティティを深掘りするWS(ワークショップ)を開催。写真家による写真講座も。

あらゆる媒体における発信のノウハウを伝えます。

制作メンバー

グラフィックデザイン 野中健一(NUDE FREE WORKS
イラストレーション 五味健悟
編集・ライティング 山本梓
写真 田里弐裸衣(VAMOS
Webサイト制作 柴崎良太
プロデュース・ディレクション 中浜崇之(NPO法人Ubdobe
Special thanks!!! 各取材先の実行委員会の皆様、各地域の方々